うどんビジネスプラン

当校オススメうどん店舗モデル

オススメ小型フルサービス店


15席
1日平均客数平均客単価月最終利益
100人900円90万円

オススメ中~大型フルサービス店


60席
1日平均客数平均客単価月最終利益
300人950円102万円

オススメ小~中型セルフサービス店


40席
1日平均客数平均客単価最終利益
200人750円128万円

オススメ大型セルフサービス店


80席
1日平均客数平均客単価最終利益
500人750円135万円

オススメ小型フルサービス店

坪数席数営業時間
15坪15席11:00
~14:00
コンセプト

小資本・少人数経営

メリット

客とのコミュニケーションを通して、リピーターを創出できる

戦略

イニシャルコストを抑えるため、立地は二等地が基本。フラッと立ち寄ってもらうことが難しい場所であり、リピーターや口コミが大切になる。そのため、他店にはない個性的なメニューやお店の特色を打ち出す必要がある。




海老巻揚げ天ぷらうどん

季節の野菜ぶっかけ讃岐うどん

店舗イメージ図


店舗レイアウト
■ 主な費用例

開業資金 1,000万円

※建築費、内外装費、厨房設備、製麺機、看板代など
※うち借入 500万円/国庫金10年返済(2%)

金額[円/月]比率(対売上高)[%]備考
月間売上高2,250,000100平均客数:100[名/日]
平均客単価:900[円/日]
営業日数:25日/月
最終利益900,00040最終利益はオーナー様の人件費も含めた金額

オススメ中~大型フルサービス店

坪数 席数 営業時間
40坪 60席 11:00
~20:00
コンセプト

ファミリー層や観光客等のグループ客を狙った地域密着型経営


メリット

地域一番店に位置づけされるような名物メニューを創出しやすい


戦略

地産地消を取り入れた多彩なメニュー構成で、専門店としての魅力を打ち出し、高単価で勝負する




人気メニューや個性ある釜揚げ専門店

名物メニュー例

地産地消を取り入れた
メニュー例
■ 主な費用例

開業資金 4,000万円

※建築費、内外装費、厨房設備、製麺機、看板代、など
※借入なし

金額[円/月]比率(対売上高)[%]備考
月間売上高8,550,000100平均客数:300[名/日]
平均客単価:950[円/日]
営業日数:30日/月
最終利益1,026,00012最終利益は全従業員の人件費も差し引いた企業様(本部)に残る金額

オススメ小~中型セルフサービス店

坪数 席数 営業時間
30坪 40席 11:00
~14:00
コンセプト

「うまい・安い・はやい」


メリット

効率的なシステムで高回転率が可能であり、短時間集中営業で高利益率が期待できる


戦略

とくにランチタイムに回転率をあげることが必須で、待たずにおなかいっぱいになるメニューを考案する。また店舗レイアウトの工夫次第でさらに回転率をアップできる。




名物釜玉うどん

セルフ式店舗

店舗イメージ図


店舗レイアウト
■ 主な費用例

開業資金 2,000万円

※改装費、厨房設備、製麺機、看板代、その他含む
※うち借入 1,000万円/国庫金10年返済(2%)

金額[円/月]比率(対売上高)[%]備考
月間売上高3,750,000100平均客数:200[名/日]
平均客単価:750[円/日]
営業日数:25日/月
最終利益1,287,50034最終利益はオーナー様の人件費も含めた金額

オススメ大型セルフサービス店

坪数 席数 営業時間
50坪 80席 11:00
~20:00
コンセプト

「便利な食堂」がイメージ


メリット

一等地での出店が可能なことから、高収益で投資回収が早い


戦略

幅広い客層をターゲットとするため、麺以外のサイドメニューを充実させる必要がある。さらに麺事業を多角化し、長期保存可能なおみやげ麺を全国販売する戦略もあり




郊外型大型セルフ店


多彩な総菜コーナ

効率的な店内の間取り
■ 主な費用例

開業資金 5,000万円

※建築費、内外装費、厨房設備、製麺機、看板代、など
※借入なし

金額[円/月]比率(対売上高)[%]備考
月間売上高11,250,000100平均客数:500[名/日]
平均客単価:750[円/日]
営業日数:30日/月
最終利益1,350,00012最終利益は全従業員の人件費も差し引いた企業様(本部)に残る金額