讃岐うどん学校

讃岐うどん店経営の魅力

外食業界トップクラスの利益率

讃岐うどん店経営の魅力は何と言っても歴史と伝統に支えられ、日本一の美味しさ、抜群の知名度、さらには強力な商品力など計り知れないものがあります。そして今、日本の麺業界は過去最高の消費量に達し、優れた大衆性、外食業界トップクラスの利益率など、讃岐うどん店経営は将来にわたり大きく期待できる環境となってきました。

讃岐うどん学校の魅力

実績ある学校で本物を学ぶ

1975年に讃岐うどん学校が開校して以来、国内・海外に向けて卒業生 50,000人以上を輩出しました。讃岐うどん学校とは別に、香川県から「讃岐うどん科」※1の業務を委託されており公的機関からの信頼もあります。讃岐うどん店経営で大切にしてほしいもの。それは本物の讃岐うどんです。本物の讃岐うどんを学び、経営を成功させるために当校が大切に思うことがあります。

※1:香川県立高等技術学校からの委託業務。仕事の基礎知識や技能習得などが目的。県内では当社のみ。

  1. 歴史と伝統、製法の定義から正しく学ぶこと
  2. 3点の重要技術(麺・ダシ・天ぷら)を徹底すること
  3. 短期間であなた独自の成功への道を習得すること
  4. 徹底した個性の発揮と差別化で経営の魅力を学ぶこと

讃岐うどん学校で学ぶ経営スキル

讃岐うどん店経営を例えると家です。その家はしっかりとした基礎、そして柱に支えられ頑丈な家となります。構造を知ることで経営が揺るぎないものとなります。歴史と伝統を基礎とし確実な成功を!

項目をクリックすると説明に移動します。

歴史と伝統で本物を知る

讃岐うどんは永い歴史を伝承され、日本で最もコシが強いおいしい麺として親しまれています。歴史は変える事の出来ない貴重な財産であり、伝統製法をしっかり守る事で「本物」と認められます。その歴史は見えない強力な力で経営を支えてくれます。正しく歴史を学びましょう。

讃岐うどん製法の定義を学ぶ

日本のすべての麺の歴史は「手打ち製法」により伝承されました。しかし、手打ち製法とは言え日本各地でその技術には大差があります。讃岐うどん製法には「定義」とされる秘訣があり、日本一の品質はそこから生まれます。本場讃岐でもこの「定義」を知る人は少なく、当「讃岐うどん学校」でしか学べないと言われる技術です。しっかり習得し「本物」で勝負する事で、経営の基礎がしっかりと築けることとなります。

麺・ダシ・天ぷらの基本に徹する

現実のうどん店の多くは「麺・ダシ・天ぷら」の技術が全く適当で品質が良くありません。どれも歴史と伝統に裏付けされた基本的な製法があり、それを習得する事で経営の安定が約束されます。3つ(麺・ダシ・天ぷら)の技術習得は成功するための絶対条件!として徹底指導しています。

魅力ある強い経営体質の実現

歴史と伝統に支えられる経営は大変ありがたいもの。
日本一の知名度と実績、そこから派生する信頼度は経営の見えない力となりしっかりと支えてくれます。しかし、それに頼るだけでなく独自性と個性を発揮した魅力ある経営体質の実現、厳しい外食産業で戦う必須条件などを習得してください。

さぬき式開業フローチャート

開業までの道筋を「起・承・転・結」の順に並べたものです。この流れに乗ることで、開業まで迷うことなく、あなたに合った最短コースで、独自の経営企画が作成できます。そして短期間で製麺・調理技術も身に付き、あなただけの成功するうどん店を開業することが出来ます。

さぬき式開業フローチャート