よくあるご質問

うどん学校

「さぬきうどん科」と「讃岐うどん学校」の違いは?

「さぬきうどん科」は香川県が設置する公共職業能力開発校が運営しており、県内で唯一弊社が100%受託しています。製麺については製麺機・手打ちのどちらの技術も習得できます。会場は香川県、訓練期間は約2か月です。
一方「讃岐うどん学校」は弊社独自の学校で、開校50年の歴史があります。4日間で製麺・だし・天ぷら等、開業に必要なことをすべて習得いただけます。会場は香川総本部会場および全国8か所に会場がございます。

2日間研修で開業に必要なことを学べますか?

場所や時間の都合で4日間研修の参加が難しい方のために2日間研修をご用意していますが、基本的に4日間研修をおススメしています。詳細は「讃岐うどん学校」のページをご覧ください。

4日間研修の詳細 2日間研修の詳細
セルフサービス店とフルサービス店で迷っています。

それぞれにメリット・デメリットがありますが、大切なのは「どういうお店を作りたいか」です。お客様の想いを教えて頂ければご希望に寄り添った提案をさせていただきます。店舗ビジネスモデルを掲載しているので参考にしてください。

ビジネスモデル

ラーメン学校

「炊かないスープ」ってなんですか?

店舗での炊き出しは行わず、3~5間時圧力寸胴でしっかり炊き出した業務用スープです。品質にブレの無いオリジナルスープです。3K(キツイ・キタナイ・キケン)を避けることが成功の秘訣ともなります。

ホームページに学校の日程が掲載されていませんが、どのように決まるのでしょうか?

お客様の希望される日程で調整させて頂きます。

炊かないスープの購入は可能ですか?

炊かないスープの販売は行っておりません。購入ご希望の方には、協賛いただいておりますスープ会社をご紹介致します。

学校共通

他社が主催している学校と何が違うのでしょうか?

【うどん】約50年の歴史があり、9会場にて約50,000人の卒業生を輩出しています。香川県が設置する公共職業能力開発校運営の「さぬきうどん科」も約20年受託しており行政からの信頼もございます。
【ラーメン】日本で唯一、成功確率向上に特化した学校です。成功確率向上に必要不可欠な「自家製麺」と「炊かないスープ」を徹底的に学んで頂きます。

開業に必要な資格はありますか?

都道府県や保健所などが実施している「食品衛生責任者養成講習会」を受講する必要がございます。「調理師免許」は不要です。

開業を考えていますが経験がありません。

受講者の大半は未経験の方です。不安な点をお聞かせください。

麺の学校
繁盛店で修行をしたいのですが、修行先の紹介はしていただけますか?

修行先のご紹介は承っておりません。「讃岐うどん学校」または「さぬきうどん科」(香川県が設置する公共職業能力開発校が運営)を受講いただくことで基礎から学ぶことができ、最短で技術の習得が可能です。

原材料を取り扱う業者さんを紹介してもらえますか?

製粉、しょうゆ、だし等、たくさんの関連業者様に協賛頂いておりますので、ご希望に応じてご紹介致します。

製麺機

手打ち式製麺機とはなんですか?

手打ち職人の製麺技術を忠実に再現できる製麺機です。「手打ち式」は弊社が最も得意とする技術です。

手打ち式製麺機
ネリ機の種類が多くありどれを選べばいいのか迷っています。

作りたい麺種や食感をお聞かせいただければ最適なネリ機をご提案します。まずはお問い合わせください。

お問い合わせ
真空ミキサーにはどのような効果がありますか?

品質向上に効果を発揮します。詳細はネリ機ページの真空効果をご覧ください。

ネリ機
いろいろな麺種を1台の製麺機で製麺できますか?

1台の製麺機でうどん・そば・ラーメン・パスタ・餃子の皮等、すべて製造できます。レシピのご相談も承ります。

店舗が狭いので、コンパクトな機械を探しています。

卓上で使用できるタイプなど、場所や用途に応じて多彩なラインナップがございます。

十割蕎麦は製麺機で作れますか?

作れます。ただし、そば粉の影響が大きいので、一度試作することをおすすめします。

地産地消の取組みで特殊な麺を作っています。製麺機で製麺できるのか試したいです。

同様のご相談をよくいただきますが、材料をお持ち込みのうえ試作いただけますので、お気軽にご相談ください。

餃子の皮を製造できますか?

製造できます。餃子はラーメン店のサイドメニューやテイクアウト販売に適しています。原価率が低いので、仕入より製造をお勧めします。

企業の研究開発用として製麺機を導入したいのですが。

ご要望に応じた特別注文の小型機製造にも対応致します。

麺事業

おみやげ麺のような長期保存麺は作れますか?

作れます。生麺で60日保存できる技術が好評です。

品質を一定にするには製麺機は必要でしょうか?

必要です。ミキサーなしでの練り、製麺機なしでの製麺では、どうしても品質にムラが出てしまいます。品質だけでなく生産数にも影響するため、事業としてお考えの方は製麺機の導入をお勧め致します。

事業拡大のためセントラルキッチンへの移行を検討しています。

まず規模・食数などヒアリングさせて頂き、お客様のご要望に応じたご提案を致します。

納得のいくまで試作をして購入がしたいのですが、対応してもらえますか?

納得するまで試作して頂けます。1機種だけでなく、様々な機種にて試作可能です。

製麺作業を、部分的に機械化しようと考えています。

作業効率の向上や品質の安定、体力問題や人手不足解消等、機械化によるメリットはたくさんございます。該当工程の機種をご提案致します。

オンライン販売用の商品を開発できますか?

オンライン販売に適した麺の開発をお手伝い致します。あなたの販売センスを大いに活かすことができます。

パスタの指導は対応してもらえますか?

生パスタのご提案はできますが、ソースなどはご提案できません。

焼きそばの麺も製造できますか?

生・ゆで・蒸しなど、様々な状態にて製麺が可能です。

製麺業での開業を検討しています。対応してもらえますか?

麺種や生産数により最適な機種やレイアウト、必要設備をご提案致します。製造販売用の長期保存等の生産方法についてもご指導可能です。

海外

海外規格に対応する機種はありますか?

北米・欧州仕様の機種が複数ございます。詳細につきましてはお問合せください。

海外への輸出費用や輸出方法がわかりません。御社にて手配いただくことは可能ですか?

基本的に全世界に輸出可能です(ただし、規格により制限あり)。輸出方法につきましては、お客様のご要望により柔軟にご対応致します。

海外で使用する場合、変圧器は必要ですか?

北米・欧州は変圧器なしでご使用頂けます。その他の国・地域でのご使用には変圧器が必要です。

海外での使用を考えています。製麺を現地スタッフに任せたいのですが、簡単に使えますか?

弊社の製麺機は、誰でも簡単に使え、かつ高品質に安定させることができる優れものです。ご要望に応じてご希望エリアの販売店よりフォローアップも可能です。

海外で製麺機導入、自家製麺を検討しています。現地小麦粉での製麺は可能でしょうか?

ご使用予定の小麦粉をご送付ください。送付の際は弊社までご相談ください。

海外在住ですが、ラーメン人気の高まりで出店が相次いでいます。そういった店舗に向けて麺の製造販売を検討しています。店舗により麺の太さやちぢれ具合が違いますが、1台の製麺機でいろいろな麺を作ることはできますか?

1台の製麺機で幅広い麺種・麺の形状に対応しています。また希望される食数に応じて、幅広いラインナップのなかから最適な機種をご提案致します。

海外で大型設備を導入したいのですが、対応可能ですか?

可能です(ただし、対応不可地域あり)。麺種や希望生産数等、まずはお問合せください。