コラム( 麺学校の校長が麺を語る)

③「麺の聖地」とは?

私は、日本のあらゆる麺の製法を学び、専門店や麺工場、冷凍麺設備など国内及び海外にも多くの経験と実績を重ねてきました。そこで感じた事は、「最高品質の麺と味づくり、そして麺の商品化の専門家になる事」の必要性でした。日本の麺の歴史と伝統、その製法と製麺設備、徹底した品質の追及など、あまりにも適当でいい加減な現実を問題視し、日本の麺に関する専門家組織を結集し、麺事業に関する事ならば何でも解決できる組織を「さぬき麺機本社内」に結成しました。それが「麺の聖地」です。元々弊社の所在地が讃岐うどんの本場香川に位置し、多くの近代麺もここから生まれた事から「麺の聖地」と呼ばれていました。私が特に望んでいる事は、一度「麺の聖地」に来て讃岐うどんやラーメン、蕎麦・パスタ等を食べて欲しいのです。恐らく「一口で感動!」するほど美味しい麺がある事を知って頂けます。その様な品質の麺はここでしか知る事はできないでしょう。要するに「百聞は一食に如かず‼」です。もし新規の開業や、何らかの麺事業に関心のある方は今最も評価の高い麺の品質を確認する事が必要と思います。多くの実績に基づいたご提案ですのでぜひご検討ください。

〔一〕「麺の聖地」では、知りたい事、学びたい事がすべて習得できます。
〔二〕「麺の聖地」では麺に関する事ならばすべて対応できます。
〔三〕「麺の聖地」は“日本で唯一!”の施設が整っています。

「麺の聖地(さぬき麺機本社)」では、全く素人の方も経験豊富なプロの方も、ここに来ることで全てが解決する事を目指しています。私の思いは、麺に関する事ならば一度はお話をお聞きしたいと思っています。恐らく無駄にはならないと思いますし、多くの発見をして頂けるものと思います。