コラム( 麺学校の校長が麺を語る)

②“最初の一歩”をどこで、誰に学ぶかで運命が決まる!

讃岐うどん店やラーメン店を開業する場合、昔は手打ち職人や有名店で数年間の丁稚奉公の後と言うのが主流でした。となるとその職人の技術や経営感覚をモデルとして受け継ぐこととなり、その教えがすべてでした。過去に於いてはそのような個人の技術や経営感覚が多くの成功を生み、美味しさと魅力を発信していました。しかし、商品や好み、業態などが目まぐるしく変化する現代では個人の職人感覚では通用しない時代となっています。そこで、最新の経営企画と麺や調理技術の学べる当学校で是非学んで頂きたいと思います。現在当校は、会社創業110周年記念セール、研修センター開校45周年記念セール期間中のため格段に安い受講料で学べます。

讃岐うどん学校(本場讃岐で唯一!香川県から委託の麺学校)

歴史と伝統のある讃岐うどん製法とノウハウをしっかり習得頂きます。

受講料

2日間コース 72,000円/人 → 24,000円/人(同伴者2名迄半額)
会場:仙台・小山・高崎・東京・名古屋・金沢・大阪・香川・久留米
5日間コース 180,000円/人 → 60,000円/人(同伴者2名迄半額)
会場:四国本部会場

3Kの排除と驚くほど安い原価で美味しいスープを学び成功確率を高めます。

受講料

2日間コース 120,000円 /人 → 50,000円/人(同伴者2名迄2万円/人)
会場:仙台・小山・高崎・東京・名古屋・金沢・大阪・香川

さらに、講師陣は日本のトップレベルの経験豊富な専任講師、有名メーカーの醤油、削り節、そして本場讃岐の実績ある製粉会社3社など、信頼頂ける内容でご指導させて頂きます。日本の麺の歴史と伝統製法から最新の進化した技術まで基本がしっかり学べます。

うどん学校
ラーメン学校

例えば、うどん作りの場合、一般的に単一の会社がだしの取り方から製麺方法まで全ての内容を指導します。一方、当校では、各分野のエキスパートにご協力頂いているため、パート毎に指導する会社を変えています。製麺であれば、製麺機メーカーと製粉メーカー、だしであれば、節メーカーと醤油メーカーという具合です。理由は、その分野に精通している会社が最も信頼性の高い情報を持っており、最前線で活躍しているため、トレンドや雑学まであらゆる事に対応できるからです。また、受講中に各分野の会社様と接点を持つことで、開店した後の材料の手配や相談がスムーズに行うことができます。