コラム(讃岐うどんの歴史と伝統)

おわりに

「塩」から見た讃岐うどんの歴史をまとめてみましたが、「塩」の存在は大きく、うどんや素麺の歴史を探るうえで欠かせないものと分かってきました。歴史を研究しようとすると、どうしてもその起源を知ろうとする事からできる限り時代をさかのぼろうとします。しかし、現在の讃岐うどんの製法や粘り強いコシ等の品質から見ると、原材料や諸条件が整ったのはごく近代になっての事と思われます。となると、数百年前から伝承された家庭料理としての讃岐うどんと近代になって大発展したものとは違うものではないかという事になります。「塩」の存在、「塩」の果たす役割は、讃岐うどんの歴史を判断する上で重要な事を教えてくれているような気がします。