Pocket
LINEで送る

はなまるうどん様、丸亀製麺様などのセルフ式うどん店の行列を見ると誰でもやってみたいと思われるでしょう。実際に当センターにもそれを夢見て多くの人が訪れます。

しかし、それらの行列の出来ているセルフサービス店の立地を見てください。殆どが一等地で駐車場も広く、店舗企画もしっかりして多くの資金がかかっています。それと、店舗の席数も50席以上は必要です。また、店員もフルサービスより沢山の人が必要です。さらに厨房の設備費用も高くなります。

セルフ式だから従業員も少なく、設備費も安くという思いは間違っているのです。そのような事からセルフ式うどん店の課題を探って下さい。多くの課題を克服しなければならない事が分ると思います。

以前のブーム時であれば、店舗の立地や内外装、うどんの品質でもコシの無いとんでもないうどんでも通用していました。ところが、今では本物でなければどんどん閉店が続いているのです。香川県・本場讃岐の某麺学校の直営店(亀城庵)も閉店しました。讃岐うどんを指導している麺学校の直営店がつぶれた事実、やはり「本物」の讃岐うどんの必要性を強く求められた結果と言われています。

もう一つ、そのブーム時であれば倉庫のような殺風景な店舗に机といすを並べたような簡素な店舗でもそこそこの売り上げはありました。香川県の有名店は、とんでもない立地にあり、とんでもない経営形態の店が返ってその面白さから全国に知られ、ブームの引き金ともなりました。

ところがブームが落ち着き、今では『本物の讃岐うどん』で無くてはならないのです。その「本物」とは何なのかわからないのではないでしょうか。その「本物」が分らなければ讃岐うどん店経営はムリです。

何度も何度も出てくる『本物の讃岐うどん』とはどの様なものかお判りでしょうか。
それを知らなければ前に進む事は危険とお考えください。『たったの一口で感動するほど美味しい讃岐うどん』を知り、その技術を身につける事から始めましょう。

9

当センターは本場讃岐(香川県)から委託をされた唯一の「讃岐うどん学校」を経営しています。その意味が分かってもらえるでしょうか。これほど知名度が高く全国に、そして世界に伸びている讃岐うどんの本場で有名店の手打ち職人ではない当センターが香川県から委託をされている事実。

讃岐うどんを知り、讃岐うどんを事業化、専門店化するとすれば、その讃岐うどんの姿をしっかりと学ばなければなりません。今、本場讃岐で、そして全国にある讃岐うどん店の品質の悪化には、ある理由があります。

その理由とは何かも含め、セルフ式うどん店の課題、今後の可能性等についても是非当センターで学んでください。

過去に於いては「手打ち職人の技術」が最高品質の象徴として高く評価され、今でもその余韻が残っています。しかし、日本の製麺技術は進化しているのです。日本の麺、日本の製麺技術は今世界から求められています。現状、手打ち職人より優れた麺が作れる時代です。

それは「百聞は一食に如かす!」、その優れた麺をぜひ試食の上ご確認ください。直接食べて頂く事で何度も出てくる『本物の讃岐うどん』を知る事となります。

もっと詳しく知りたい方は、是非とも資料請求下さい!


全日本麺総合技術研修センター「さぬき麺機レター」で、開業までのお悩みを解消しませんか?

うどん店開業の成功確率が飛躍的に高まる「讃岐うどんの史実」を無料で進呈!